頭痛や生理痛に早く効果を発揮する解熱鎮痛薬で、小粒の錠剤ですから飲みやすいですよ。

イブプロフェンとエテンザミドという2種類の解熱鎮痛成分の他に、無水カフェインやブロモバレリル尿素が配合されていて、痛みの元をブロックしたり、辛い痛みの症状にも鎮痛作用を発揮してくれるのです。

頭痛や生理痛の他に、肩こり腰痛や歯痛、関節痛や神経痛、筋肉痛など様々な痛みの症状だけでなく、発熱時の解熱や悪寒にも効果が期待できますよ。

15歳未満の方や妊婦さんは服用できませんが、15歳以上の方は痛みが始まったら1日3回・1回2錠を服用しましょう。

この解熱鎮痛薬を服用する際には、これ以外の風邪薬や解熱鎮痛剤は併用できませんのでご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る