有効成分としてエストラジオールとエチニルエストラジオールという女性ホルモンの成分が配合されている医薬品ですから、婦人科系の症状や卵巣の症状でお悩みの方はぜひチェックしましょう。

婦人更年期障害や婦人神経衰弱、不妊症や不感症などの症状に効果が期待できるのだそうです。

この医薬品を使用する前と長期の連用を考えている場合には、乳房と子宮について検診を受ける事が推奨されていますよ。

大豆くらいの量を指にとって、局部の粘膜に1日1回から2回の頻度で軟膏を塗布して使用しますが、妊娠中の方や整理中の方は使用できませんのでご注意ください。

お子さんや高齢者、悪性腫瘍の診断を受けた方なども使用できませんし、避妊目的での使用もできないという事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る